相談すべき熱意のある弁護士

システム金融は若干特殊なヤミ金ですので、専門性がある弁護士に依頼するに越したことはありません。しかし、専門性だけでなく熱意がある弁護士も同じくらいに重要なのです。

 

では、熱意を持ってシステム金融問題に取り組んでくれる弁護士は、どのように見つければいいのでしょうか。

 

知り合いの弁護士はどうか

いきなり弁護士事務所を訪れて「システム金融の被害相談をしたいんですが」と言ってもいいのですが、その前にワンクッション置いて、「○○さんの紹介でこちらにシステム金融の被害相談に来ました」と言うのが効果的なように思えます。

 

一般的にはそう感じてしまいますが、実は「知り合いだから熱心にやる」弁護士はあまり信用できません。つまりそれは、赤の他人には手を抜いてやるということですから。

 

相談を聞く様子で判断

熱意のある弁護士には様々なタイプがいますが、そのスタートはいずれも被害者からの相談です。その相談を真摯に真剣に聞いてくれる弁護士は、熱意のある弁護士としての必要条件でしょう。

 

被害者に有利になるように何ができるか、ベストでなくてもベターな解決にするためにはどうすればいいか、その手掛かりは被害者からの相談に多く隠されているのです。

 

どこの弁護士や司法書士や熱意があるか分からない方は、まずはネット上で行える借金問題の匿名無料相談を行ってみるのも良いでしょう。