弁護士でかかる費用

システム金融被害を解決してもらうために弁護士に依頼をしても、残念ながら無料で依頼を受けてくれる弁護士さんはいません。

 

安いことはよいことか

システム金融の被害に遭ってお金がないのならば、できるだけ費用が安い弁護士を探そうと思うのも無理はありません。特に、手形や小切手を乱発してしまった事業主は、金額も相当に膨れ上がっているでしょう。

 

確かに弁護士費用は安いに越したことはありませんが、安ければいいというわけではありません。「ただより高い物はない」というくらいですから。

 

実力がないために費用を安く抑えて集客を図る弁護士もいます。いくら費用を安く抑えられても、そのような弁護士に依頼したのでは、本来請求して戻ってくる金額が満額戻ってこない可能性があります。

 

高い弁護士費用を払っても、回収できる金額が多ければそちらの方がいいのですから。

 

成功報酬制度

最近では、相談も無料、着手金も無料で成功報酬のみという弁護士事務所が増えています。システム金融被害者にとってはありがたい限りですが、費用対効果から見てどうかという疑問もあります。

 

実は大したことはしていない弁護士が、一定割合の成功報酬を得るのは一般人の無知につけ込んでいると、批判のそしりは免れません。着手金も、それでしっかりとした仕事をしてもらえると考えれば決して高くはありません。

 

これは闇金問題に関わらず、債務整理全般に言えることです。債務整理の中でも手続きが手軽とされている任意整理であっても、やはり任意整理費用は着手金や成功報酬が必要となっています。