システム金融被害の相談相手

システム金融などのヤミ金でお金を借りても、最初の頃はまだいいのですがそのうち返済が苦しくなり、返済不能に陥ります。

 

しかも、システム金融などのヤミ金の中には、完済をさせずにいつまでも借金を残しておいて、その利息収入を長きにわたって搾取する、そんな手口もあります。

 

自分で解決できるか

ヤミ金からは借りてはいけないとは知りつつも、システム金融などのヤミ金に引っかかってしまったとなれば、事業主として恥ずかしいと考えるのは至極当然。誰か知り合いに相談するのも恥ずかしいので、自力でシステム金融と交渉をしようと考える人もいるでしょうが、老略の割に効果はあまり高くありません。

 

全く無意味というわけではなく、こちらが毅然とした態度で臨んでいれば比較的効果はあります。

 

しかし、自分で交渉するとなるとそれなりのダメージも覚悟しなければなりませんし、相手の方が交渉においては上手の場合もありますので、返り討ちに合う可能性があります。

 

 

警察に相談する

ヤミ金対策として警察に相談するのはどうでしょうか。

 

取り立ての際に暴力的な行為をしたら「傷害罪」ですし、会社の敷地で騒ぎ立てられたら「業務妨害罪」、裁判所の差し押さえ命令もないのに勝手に家財道具などを持ち出したら「強盗」や「窃盗」になってしまいます。このような刑事事件に発展すると、さすがに警察も動いてくれて業者を取り締まってくれるでしょう。

 

しかし、警察はあくまでも刑事事件が対象で民事不介入ですので、借金の減額交渉のようなことはしてくれません。また、システム金融は他のヤミ金ほど暴力的、威圧的ではありませんので、刑事事件に引っかかることもしません。

 

とはいえ、「警察に相談しています」と一言いえば、システム金融の業者に対する抑止力にはなるでしょう。

 

弁護士に相談する

システム金融などのヤミ金問題の解決ならば、弁護士に相談するのがベストです。

 

警察が介入しない民事事件にもぐいぐい突っ込んできますし、システム金融がやっていることは違法行為に違いはありませんので、法律の専門家である弁護士がシステム金融の業者に負けるはずがありません。

 

ヤミ金に言うにも、「警察に相談しています」と言うよりは「弁護士に相談しています」と言った方がより高い抑止効果が得られます。

 

ちなみに、金額が140万円を下回るようであれば弁護士でなく司法書士でも対応が可能です。システム金融問題で困ったら、まずは弁護士に相談しましょう。

 

相談をする際には通常の借金の債務整理を得意とするところよりも、闇金問題を専門として扱う弁護士や司法書士の方が良いです。手口が様々な闇金の場合には、専門として扱っている法律事務所の方が安心して依頼ができるのです。

 

いくつかの候補がありますので、まずは無料相談で話を聞き、依頼をするかを決めると良いです。いつまでもヤミ金被害で困らないためにも、早めの解決で安心の暮らしを取り戻してください。

 

闇金からの自力解決方法

闇金からお金を借りてしまった場合、自力でそれを解決するのはとても難しく勇気のいる行為です。ですが、自力で解決する方法を知らなければいくら勇気や行動力があっても更に困難になると言えます。

 

闇金からの自力解決の最短方法は、付近の警察署に行き直接闇金被害について訴えます。闇金業者の多くは東京に所在地があることが多いのですが、とりあえずは地域の警察署で十分です。しっかり話を聞いてもらい対処方を聞きます。

 

この対処法を聞くことがとても重要です。多くの場合は、次に電話が掛かってきたら録音するようにしてください。もしくは担当警察官の目の前で闇金業者に連絡をしてください。と言われます。多くの場合は前者なのですが、後者だった場合は解決が速くなったと言えます。

 

またなかには面倒臭いと思って真剣に話を聞いてもらえなかったりしますので、真剣に話しを聞いてもらうことが重要です。基本的には警察は民事不介入という掟があるので、金融関係は民事の話になります。

 

しかし、闇金という話になれば話は変わってきます。絶対にないとは思いますが、契約書などがあれば持って行くと手っ取り早く解決できます。ここまでやったらあとは警察がいろいろと動いてくれますので、お任せして、しばらくは友人の家かどこかにお世話になれば問題は解決できる場合があります。

 

ただ、相手は闇金なので、全てがスムーズに進むとは限りません。もし個人ではどうにもならないと判断したなら、問題がそれ以上に大きくなるのを防ぐためにも闇金問題の依頼を専門家に行うようにしてください。